格安中華タブレットiWork7(12,980円)でドラクエ10は遊べるか?(その3:空き容量)

Pocket

今回は、iWork7のディスク容量についてまとめます。

結論から言えば、microSDHCカードを使わなければドラクエ10をインストールすることはできませんでした。
iWork7でドラクエ10をプレイする場合、microSDHCカード(32Gがよいと思います)を事前に用意してください。

あまり高スペックのmicroSDHCカードだと格安タブレットをベースにした理由がないのでその辺に転がってたやつを利用します。

ということで試行錯誤した結果をまとめます。

まず最初にディスク構成を見てみます

衝撃のCドライブ容量Windows (C:) が9.45GB、回復パーティションが4.88GBとなってます。

で、回復パーティションは消すことはできないので、9.45GBでなんとかします。

消せない理由を知りたい方はWIMブートについて調べてみてください。

ドラクエ10をやるにはどれだけの空き容量が必要なの?

ドラクエ10の必要スペックでは「HDD/SSD 空き容量 16GB 以上」となっております。

ドラクエ10をインストールするために越える必要のある2つの壁

通常、ソフトウェアをインストールする際、環境のチェックなどを行うわけですが、ドラクエ10の場合、

  • Version 1.xの「インストール先」の空き容量16GBチェック
    16GBの空き領域が必要です
  • Version 2.xの「ドキュメントのあるドライブ」の空き容量3GBチェック3GBの壁

の2つの壁(中ボス)があります。

インストール後の砦

ドラクエ10をインストールしたら6.13GBでしたさらにインストール完了後に必須となるアップデートという最後の砦(ラスボス)が控えています。

当初、16GBの壁を超えるため、容量可変のVHDを作成し中ボスは楽々クリアしましたが、アップデート中にディスク容量が足りずラスボスに完敗。

さすがにこのサイズは無理でした。

なので、

  • ドラクエ10は、microSDHCにインストール
  • Cドライブの空きを3GB

という作戦で行きます。

Cドライブの空き容量を増やす

先ほど記載した通り、ドラクエ10の本体はmicroSDHCカードにインストールするしかありません。
ただ、せっかくのOfficeは削除せんときます。

  1. とりあえずスタートラインはこれ(日本語化、WindowsUpdate済み)
    2.34GBの空きを3GB以上に頑張ります。
    2.34GBからスタートします
  2. Cドライブのクリーンアップを実施して~
    通常のクリーンアップは大したことありませんが、システムファイルのクリーンアップまで実施します。
    通常のクリーンアップとシステム ファイルのクリーンアップ
  3. 仮想メモリの設定をして~
    仮想メモリサイズの設定が一番、破壊力があると思いますがとりあえず推奨値1024MBに固定します。
    これで700MBぐらい減らすことができました。
    仮想メモリのサイズを1024MBに固定
  4. Windows の機能の有効化または無効化という定番の作業を実施すると~
    ここはご利用の環境に応じてチェックを外してください。
    必要最小限に機能を無効化
  5. で、ごにょごにょした結果…
    みごと4.14GBの空きを確保しました!
    4.14GBの空き領域確保

これで、Dドライブ(microSDHC)の空き16GB以上、Cドライブ(マイドキュメント)の空き3GB以上を確保しました。
早速、インストール + 更新してみましょう。
かなりの時間がかかりますがVersion1.xもVersion2.xもインストールされるはずです。
iWork7にドラクエ10をインストール

おまけ

  • Cドライブのベンチマーク結果
    Cドライブのベンチマーク結果格安タブレットなので期待していなかったのですが十分な性能が出ています。
    ThinkPad8の方が遅い…

  • microSDHCカードのベンチマーク結果
    microSDHCカードのベンチマーク結果とりあえず家に転がってたmicroSDHCカード(32GB)のベンチマーク結果です。
    KINGMAXのclass10(KM-MCSDHC10X32G)です。
    今回はデジカメやビデオ撮影と違い、WriteよりReadが重視されるという状況ですし、格安のタブレットに高速のmicroSDの組み合わせだと本末転倒ですので2,000円程度で買えるもので十分だと思います。

さて次は、メモリネタに続きます。

ちなみに今回、利用したmicroSDHCカードはこちらになります。

Pocket

4 comments on “格安中華タブレットiWork7(12,980円)でドラクエ10は遊べるか?(その3:空き容量)”

  1. 匿名

    初コメント失礼致します。
    5.ごにょごにょ・・・の部分を知りたいです・・・どうしても1.5GB以上の空き容量を作れずに悪戦苦闘しています。

  2. バッツォーネ

    匿名さん、コメントありがとうございます。
    さいご、「ごにょごにょ」部分ですが、ぼかした表現にして申し訳ありません。
    ドラクエ10をやるという目的では[4.]まででも十分だと考えたためこのような形としました。

    基本的に、削除できるあらゆるファイルを消すという作業です。

    消すためには権限変更やPowerShellなどを使う必要があります。

    1. 利用しないストアアプリの削除
    対象:c:\Program Files\WindowsApps
    単純に片っ端からストアアプリを削除していきます。
    あと、念のためプロビジョニングも消しました。
    Get-AppxProvisionedPackage -Online | Remove-AppxProvisionedPackage -Online

    2.不要なフォントファイルの削除
    対象:c:\Windows\Fonts
    何を消すかは難しいですが、ハングルや簡体字、繁体字、その他利用しないと思うフォントをどんどん消します。
    実際は、USBメモリ等にコピーしておいて、必要になったら入れるのがいいと思います。

    3.不要なwavファイルの削除
    対象:c:\Windows\Media
    直接消せません。
    権限変更するなどして消す必要があります。

    そんな感じで地味に消し込んでいきます。

    あまり消しすぎるとWindowsが起動しなくなりますので注意してください。
    Get-WindowsPackage で言語パックを確認して、簡体字の言語パックをRemove-WindowsPackageで消したら起動しなくなりました。

    参考になりますでしょうか?

  3. 匿名

    とても詳しいご回答ありがとうございます。1と3は実施済みでしたので、2を実行しようと思います(中韓フォントはサイズ大きいですし・・・)

  4. バッツォーネ

    うまく空き容量が増えるといいですね!
    Cドライブの空き容量チェックだけでしたら可変サイズのVHDファイルを作ってマウントしてしまう方法もあります。
    またなにかありましたら是非コメントお願いしますね。

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

*